α7IIIでISOだけ変化させてみた

先日ツイッターに

こういう写真をUPしたのですが、ISO51200ってあんまり普段みないと思うのですが、意外と使えるんじゃないか?と思ってしまいました。α7Sだとそこまで思わなかったんですが。

そこで物は試し、とISO以外は全部固定で夜の街を撮ってみました。

本体はもちろんα7III、レンズはEF85mm、F1.8 SS1/25 固定。クリックで元jpgデータを表示します。

SONY ILCE-7M3 (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO100)

ISO100

SONY ILCE-7M3 (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO1600)

ISO1600

SONY ILCE-7M3 (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO6400)

ISO6400

SONY ILCE-7M3 (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO25600)

ISO25600

SONY ILCE-7M3 (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO51200)

ISO51200

気になったISOの元データをチェックしてみてください。手持ちなんで、ブレがあっても気にしないでくださいねw

見てほしいのは暗所のノイズの出方です。

とても穏やかな出方だと思います。感覚的にはISO1600までなら躊躇なく上げていいと思いました。

というわけでISO AUTOの設定をISO100~ISO1600に設定しました。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/7 sec, ISO100)

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/7 sec, ISO100)

ISO AUTOのシャッター速度低速限界は1/15です。

この設定は、「シャッター速度が1/15以下になるような暗い場所の場合、ISOを上げるよ。でも上げるのはISO1600までね」という意味です。

普段マニュアルが基本なんですけど、とっさの場合には使いますしね、AモードとかSモード。

確認したくなったので、α7Sでも同条件で撮影してみました。ISO51200です。

SONY ILCE-7S (85mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO51200)

残念ながら比較にならないレベルでα7IIIの勝ちでした・・・

スポンサーリンク
AD