ドローン練習機として最適?DROCON U818Aレビュー

※このレビューは商品の提供をうけてレビューしています。

ちょっとなかなかのドローンじゃないですか、これ。

ドローンと一口にいってもすごい小さい室内用ドローンから本格的な撮影用ドローンまで幅広くありますが、このドローンはその中間にあたります。

言い方は悪いですが、おもちゃと商業用の中間です。

スペックはAmazonのページを見ればわかりますが、ドローンはスペックではわからないことがたくさんありますよね。

動画を作りましたので、こちらもぜひご覧ください。

どうですか?雰囲気わかりました?

ちょっとだけ商品ページの文章を借りて補完します。

  • 【角度調整可能HD(1280×720)広角カメラ搭載 】狙ったシーンを美しく記録しながら、送信機での角度調節可能な1080Pの高解像度HD広角カメラを搭載。そして映像/画像をたっぷり記録可能な大容量8GBマイクロSDカードも付属。購入後すぐに素晴らしい空撮フライトが可能です。

送信機では角度調節できないのでは?あと1080pではなくて720Pです。画質は動画を御覧ください。正直撮影には使えませんが、この軽さと値段なら及第点です。

  • 【ホバリング制御&長時間飛行】気圧センサーによる高度維持機能を搭載することで、高度・座標を統合的に制御し、狙った位置を外さない自動ホバリング制御を可能としまして、各角度から映像を撮り、初心者でも簡単に制御できます。1000mAhバッテリー付きで、13~15分間長時間飛行が可能です。

高度維持はなかなかのものです。このおかげで初心者でも飛行させることができます。(これがないとマジで辛い)

本体が軽いのでたしかに13分はいけます。8分ほど飛ばして残り40%でした。

  • 【ワンキー離陸/着陸】初めての操縦で一番緊張するのが機種を浮かす瞬間でしょう。スロットルを上げすぎてぶつけてしまったり、弱すぎて上手く飛ばさなかったりします。UdiR/Cでは離陸も着陸もワンキー操作で行います。誰でもボタンを押すだけで簡単にホバリングができるようになります。ボタンを1秒以上押したま まにすると、プロペラが停止してドローンは直ちに落下します。

ボタンひとつで着陸離陸ができますが、この機能は必要ないくらいに操作は簡単です。

  • 【低電圧&遠隔信号アラーム】バッテリーの残量が少なくなり、ドローンが遠くなり、トランスミーターはビープ音が鳴ります。直ちにドローンを着陸すると、損傷したり、紛失したりすることはありません。

この機能も安心のためには必要ですね。飛ばしていると残り容量までは気が回らないことが多いです。

  • 【ヘッドレスモード&初心者適用】機体がどこを向いていても、操縦者から見た方向に機体が動きます。自視点を基準とした操縦が可能となるのでRCマルチコプターやヘリに慣れていない方でも感覚的に操縦を楽しむことができます。初心者でも簡単に操れます。クリスマスのプレゼントにもおすすめ!

ヘッドレスモードは使いませんでした。でも初心者にはいいかも。ドローンの操縦の難しいところはたとえドローンがこっちを向いていようともドローンの向きに合わせた操縦が必要なところです。(正面だと右にスティックを倒すと左に動く)

あと写真についてですが、撮影してもなぜかアプリの中で見れるだけです。

これは画面をキャプチャしたものです。保存できるようにしてほしいです(私が知らないだけ?よかったら教えてください)

さて、このドローン、とても軽いのです。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/15 sec, ISO50)

バッテリー込で203g! (ただ足とカメラは外しています)

200gを切ると改定航空法適用外となります(かといって自由に飛ばせるわけではないので念の為)

プロペラガードを肉抜きとかしたら200g切れるかもしれませんね(やってませんが)

DJIのドローンを使っている人ならすぐに飛ばせると思います。(起動方法も同じで2つのスティックを下の内側に倒すだけです)

私の感想としては操作の練習にとてもいいと思います。

ただし軽いので風が強いと飛ばすのは諦めたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
AD