久しぶりに三脚

三脚の出番はすっかり少なくなりました。

というのも、三脚って使わなくてもいいなら持ち歩きたくないですよね。

だって、

1、重い
2、撮っているとき邪魔になる、時間がかかる

ですよ。

じゃあなんで使うかというと、

1、手ぶれがいやだ。
2、ブラケット撮影とか、同じ写真をたくさん撮りたい

ブラケット撮影などはともかくとして、必須な場合ってありますよね。

花火とか夜の道路で車を光の線で見せたいとか、シャッタースピードが極端に長くなる場合です。あと鳥や飛行機などのすごい望遠を使うとか。

でも、そういう撮影をしないとわかっている場合は持ち歩きたくないです。

でも、あれ?これなら持ち歩いてもいいかも、という三脚に出会いました。

といっても2010年に発売された三脚ですので、使っている人は今更?もう便利に使ってるよ状態でしょうね。

http://www.velbon.com/jp/catalog/cube/cube.html
DSC01836

よくあるコンパクトな三脚ってあるじゃないですか、高さが低いのとか、スマホ用とか。

これは高さ94cmまで伸びます。十分ではないですが、大抵のシチュエーションで事足ります。普段は24cmで390gです。たいていのちょっとしたバッグに収まります。重さも400gないくらいです。

私が最近よく使うレンズ、SEL1635Zなんて518gです。390gは軽いです。缶ビールくらいです。

この三脚、小さい、軽いという特徴と同じくらいすごい特徴があります。

それは、すぐに伸ばせてすぐにしまえる、ということです。

例えば山の中で登山中に一緒のメンバーに迷惑をかけずに撮影できたりしますし、町中で素早く撮影する必要がある場合にも有利です。

なにより使おう!って気になりますよね。

途中のこの爪を手で押すことで長さ調節できます。(メーカーは認めていないようです)

DSC01865

ILCE-7S (0mm, f/0, 1/60 sec, ISO500)

高さは爪を押す場所で調節できます。

2016-06-25 20.02.08 iPhone 6s (4.15mm, f/2.2, 1/15 sec, ISO320)

さすがに1Kgくらいの重さになるとしんどそうです。でもしなりがあって、踏ん張ってくれます。

メーカーの推奨は400gです。

2016-06-25 20.04.52 iPhone 6s (4.15mm, f/2.2, 1/15 sec, ISO400)

使ってみた感想

今のカメラはISOを上げてもノイズが乗りにくいので、シャッタースピードを稼ぐことができます。

三脚も出番が減りました。私も外では基本使わない姿勢でした。

が、この三脚ならばバッグに忍ばせておいても気にならないサイズと重量です。

高さは低いですが、バリアングル液晶があるカメラなら気になりません。

私はオレンジですが、カラバリもあります。

cube1

買い?

使うカメラとしてはコンデジがぴったりです。

スマホなら、ある程度の高さがほしい方でしょうね。

ミラーレスは軽いレンズの方なら大丈夫。もしくは1脚のつもりでもいいかもしれません。

とにかく軽い、コンパクト、安いなので、ほとんどの方は「買い」です。

Velbon 三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台 アルミ製 306500
ベルボン (2010-12-10)
売り上げランキング: 2,156

スポンサーリンク
AD