α6500購入!α7sと比べてみる

α7sが撮影中(というより撮影に行く途中)で壊れる、というハプニングがあり、やはりEマウントのレンズを使えるボディをもう1つ欲しい、と思いました。

選択肢として絞ったのがα7R2とα6500です。

違いとしてはまずは値段、α7R2は約30万。α6500は約14万。2倍以上です。

次は画素数。α7R2は4240万画素。α6500は2420万画素。これも約2倍。

次に映像素子。α7R2は855.62m㎡(35mmフルサイズ)。α6500は366.6m㎡(APS-Cサイズ)。これも約2倍(以上)。

大雑把に言えばα6500はいろいろ半分なんです。

んで決め手になったのはそこらへんではなく、オートフォーカスの速さです。

α7シリーズってどっちかっていうと動く被写体が苦手なんですよね。そこらへんD500が羨ましかったという・・・

でもα6500はすごいです。パタパタピントが合うし、シャッター音がα7sのパシャ、ではなく、カシッって感じです。α7シリーズとはまた違う使い方ができますよね。

あとはα7R2はもう発売されて1年以上立ちますが、α6500は2016年12月発売の出たばかりということで、今年はα7シリーズの発売はほぼ間違いないでしょうし、というのもあります。

どこも売り切れだったんですが、なんとか確保しました。

ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500
ソニー
売り上げランキング: 13,538

まだ到着したばかりなのですが、まずは近所の撮影をしてみました。

SONY ILCE-6500 (26mm, f/18, 1/125 sec, ISO100)

夕方です。f/18まで絞ってます。なぜこんな暗い写真を撮ったかというと、Lightroomで露出を上げたときにどうなるかが知りたかったのです。

ちなみに一緒に持っていったα7sはこちら

SONY ILCE-7S (25mm, f/18, 1/100 sec, ISO100)

フルサイズとAPC-Cなので画角は違いますが、ほぼ同条件です。

RAWで撮影してLightroomでそのままjpg書き出しの画像です。

ではα6500のほうの露出を+5してみます。

SONY ILCE-6500 (26mm, f/18, 1/125 sec, ISO100)

つぎにα7sの画像も同じく露出を+5してみます。

SONY ILCE-7S (25mm, f/18, 1/100 sec, ISO100)

なんかそうとうホワイトバランスが違います。設定変えたかな?それは比較にはならないので無視してください。

左右に並べて比較してみます。左がα6500。右がα7sです。

右のビルのアップです。α6500はテクスチャが見えてますが、α7sは潰れてます。6500は気持ちモアレ出てますね。

α6500は信号の中のLEDまで見えてます。

左のビルの壁面です。6500は線がはっきりしてますね。

露光量を0に戻してみました。太陽の近くです。
あれ?α7sのほうはもしかしてピント外してるかな?α6500はビルの名称がくっきり見えます。

なんだろう、全体的にα6500の解像力の高さが目立ちます。

まぁ画素数は2倍なんで当たり前といえば当たり前です。
それに同じレンズなので、35mmとAPSでは5割拡大してますしね。比較すると解像感がやはり目につきます。

ファイルサイズは6500が23.5MB、7sが12MBとほぼ2倍です。

ファインダーですが、位置が左にあるので慣れるまで違うとこ覗いちゃいますけど、フィールはすごくいいです。α7sと遜色ない、というかもしかしたら少し見やすいかも。

いろんな比較をしていって、どのシーンでどちらを使うかを考えていきたいと思います。

ただ、α6500がすごいカメラなのは間違いないです。使ってて気持ちいいので、買って後悔しないと思いますよ。

最後に比較写真を撮った後に撮影した作例を。もちろんα6500での撮影です。

SONY ILCE-6500 (16mm, f/18, 1/40 sec, ISO100)

スポンサーリンク
AD