初体験?カメラ・レンズのファームウェアアップデート

おそらく初体験です。カメラのファームウェアはもう何回も経験済みですが、レンズのファームウェアアップデートはおそらく初です。

SONYのEマウントはNikon、CANONに遠く出遅れてはいるものの、最近は結構充実してきました。

そんな中で一般的には撒き餌レンズ(いい表現ではないですが)と言われる焦点距離50mmの単焦点、F1.8の明るいレンズを安価で出しています。

SEL50F18Fです。
NikonだとAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
CANONだとEF50mm F1.8 STMに相当します。

間違えやすいのですが、SEL50F18というのもあります。こちらはAPS用です。フルサイズ用は最後にFが付きます。(変則的です)

で、このレンズは2016年の4月に発売され、私も購入しました。

このレンズが2016年の9月にファームウェアバージョンがアップされました。

http://support.d-imaging.sony.co.jp/www/cscs/firm/index.php?mdl=SEL50F18F&area=jp&lang=jp&os=win

0

静止画撮影時におけるフォーカス駆動速度の向上だそうです。

これが本当だとするとなかなかうれしいことです。このレンズ、3万くらいのレンズでレンズの中では安いほうです。が、下手すればコンデジも買えるくらいの価格とも言えます。写りはこんなもんだろうと納得はできるのですが、なんせオートフォーカスが遅い!
あとジーコジーコの音が安っぽい。

なのであまり、というかほとんど使わないレンズだったのです。

とはいえなんといっても標準レンズ。普段のつけっぱなしにコイツが使えるなら越したことはないので、早速現状のオートフォーカスと、アップ後のオートフォーカスを比較してみましょう。

アップデートの手順

上記SONYのサイトからUpdate_SEL50F18FV2D.exeをダウンロードします。(Windowsの場合。Mac版も用意されています)

カメラをUSB接続し、実行してみると、バッテリーが不足だそうです。40%くらいでしょうか。

1

というわけで充電。どうやら50%以上あればいいみたいです。

現状はVer.01で、これが02になるそうです。小数点はないのですね。

2

アップデートが始まります。

2016-09-13-08-27-43Apple iPhone 6s (4.15mm, f/2.2, 1/17 sec, ISO200)

すぐに終わります。電源を切るのではなく、バッテリーを抜いて完了とのことなので、電源をOFFにして、バッテリーを抜き、しばらくしてから再度電源を入れます。

2016-09-13-08-28-01Apple iPhone 6s (4.15mm, f/2.2, 1/15 sec, ISO250)

ではアップデート前と後で動画を撮ってみました。ボディはα7sです。


どうですか?確かに速くなっているようです。ジーコジーコなのはしょうがない、と考えれば、アップデートの価値はあります。

でもなんでしょうね。もうちょっと頑張って欲しい、と思うこの気持ち・・・

スポンサーリンク
AD