パスワード管理のススメ

この記事はパスワード管理ソフトを知らない方のための記事です。

1、まだ使ってないけど、どのソフトがいいのか知りたい
2、もう使ってるけど違うのに乗り換えたい
という方は「パスワード管理」とかでググってくださいね。

たくさんのサイト、アプリ、とかくIDやパスワードが要求されます。
全部同じでいいやと思っていると、どこかのサイトがハッキングされパスワードが流出した場合、その情報をあらゆるサイトで試されてしまい被害が拡大してしまいます。

結論:GoogleChromeブラウザのパスワード管理を使う

私の結論としては、
GoogleChromeブラウザのパスワード管理を使う
です。

方法はかんたんでPCやスマホでChromeブラウザを使い、パスワードを保存できる機能をオンにします。


これをしておくと

1、パスワードを登録するときにランダムなパスワードをレコメンドしてくれる
2、パスワード入力が必要な場面でパスワードを入力してログインボタンを押すと、そのパスワードを保存するか聞いてくる。以降は自動的にパスワードが入力されている(表示は●●●●となる)
3、入力したパスワードはあとで確認できる
4、同じGoogleアカウントでログインしていれば、違うPCやスマホでも自動的に同期してくれる
5、パスワードが流出したときに危険性を教えてくれる

ほぼ無敵状態では?
私はWindowsでもMacでもiPhoneでもiPadでもAndroidでもChromeブラウザを使っているので、すべて同じGoogleアカウントでログインし、パスワードを入力する機会は激減しました。
一部のサイトで3番のパスワードがあとで確認できるという機能が危険なのでは?とありますが、なんとなくポジショントークな気がします。見るにはログインパスワード等が必要です。ログインパスワードがバレているのならそれどころではないですよね?

ただ、一つだけ注意点があります。
Googleアカウントは厳重に管理することが必要です。
もちろんこれはパスワード管理以前の問題ですね。
2段階認証は必須だと思います。

で、こんな便利なGoogleパスワード管理ですが、これはあくまでウェブサイトとIDとパスワードを管理してくれる仕組みです。
実際にはWiFiのパスワードとか銀行やクレジットカードの情報などなど重要な覚えておきたい情報、ありますよね。
これはChromeでは保存できません。

パスワード管理ソフトを併用する

そこで、各種パスワード管理ソフトというものがあります。

こっちは記憶しておきたいいろんなことを安全に保存できるソフトです。上記のChromeパスワード管理と同じようなこともできます。
いろいろあるので代表的なものをピックアップしました

1、1Password
2、LastPass
3、PasswordManager
4、KeePassXC
5、BitWarden

一番有名なのは1Passwordでしょうか。私も以前は使っていましたが買い切りではなく、サブスクリプションになった時点で使わなくなってしまいました。

いま使っているのはBitWardenです。機能として申し分ないのですが、決め手となったのはオープンソースということです。

本体プログラムがオープンソースになっていて誰でも見ることができます。それって危ないのでは?と思った方もいるかもですが、私は逆だと思います。Linuxもそうですが、誰でも見れるということはよほどの自信があるわけですし、問題点があってもすぐに修正されます。パスワード管理ソフトで大事なのは安全性ですが、これ以上の安全性はないと考えています。

また、こういうソフトは移行が簡単か、も大事なポイントです。インポートはたくさんの形式に対応していますし、エクスポートもCSVやJSONに対応しています

ちなみに画像の保存機能を使わなければ無料で利用できるのもメリットです。ちなみに1GBの保存容量で年間10$です。月間ではなく、年間で10$です。

というわけで、私はGoogleパスワード管理とBitWardenのあわせ技でパスワードや重要な情報を管理しています。

Amazon
スポンサーリンク
AD




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AD