iPadPro 10.5インチ カメラ性能比較

ではiPadProとiPad air2を持って近くの公園に向かいます。

iPadPro10.5で撮影した写真がこちら

Apple iPad Pro (10.5-inch) (3.99mm, f/1.8, 1/280 sec, ISO20)

クリックするとそのままのjpgデータが閲覧できます。

標準でHDRモードだったのですが、元データも保存されます。これはHDRではなく、元データです。

ちなみにHDRはこちら

Apple iPad Pro (10.5-inch) (3.99mm, f/1.8, 1/281 sec, ISO20)

ビルとか空を見ると、階調はこちらのほうが豊かなのがわかりますね。でも今回は元データでの比較とします。

これはiPad air2です。クリックで元データが閲覧できます。

Apple iPad Air 2 (3.3mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO25)

並べたものがこちら。左がPro。右がair2です。800万画素と1200万画素って数字にするとこの程度の違い、ですよね。

結構パラメータ違います。Proは

ISO20 3.99mm f/1.8 1/280

air2は

ISO25 3.3mm f/2.4 SS 1/120

でした。f値が2.4と1.8というのは両方とも開放ですね。

焦点距離も微妙に違うようです。

拡大したものも比較してみましょう。

air2も意外と頑張っている印象。若干ノイジーです。

しかし、暗いところは・・・

明らかに画質が違いました。これ見ちゃうと、air2のカメラでは撮影したくなくなります。

せっかくなので、iPhone7とも比較してみましょう。ほぼ同等ということらしいですが??

左がPro。右がiPhone7です。

区別つかないですねー。

Pro        ISO 20 3.99mm f/1.8 1/280

iPhone7 ISO 20 3.99mm f/1.8 1/220

なぜかシャター速度が違いますが、あとは同じ。iPhoneが後で撮ったのですが、ちょっと曇ったのかな?

区別つかないですが、暗所はどうかな?

あれ?意外とProのほうが明らかにノイズが少ないです。上のファイル、クリックして確かめてください。全然違います。

と、いうわけで、いろいろ条件変えてやってみますが、上記の条件ではiPad Proが一番、ということになりました。

写真を撮るときにはカメラがない場合はiPadProで撮ろうと思います。

というのも、実はカメラの画質はもちろんですが、カメラとしての重要な機能である、ファインダーが素晴らしいんです。

iPadProは10.5インチのファインダーを持つカメラなわけです。

この写真で伝わるでしょうか?これはハメコミ合成ではないです。カメラを起動した状態をそのままiPhoneで撮影しています。

これは上にair2、下にProを持った状態です。この後親指がつりそうになりました。真似しないようにしてください。

映り込み、色の再現性、これではわからないんですが、輝度の高さなど、すごい液晶です。

iPadProのカメラを起動していると、自分が液晶を見ているということを頭ではわかっていても、まるで透明なガラスをもっているような錯覚に囚われます。

今度のiPadProは間違いなく「買い」な商品ですが、今でなくてもいいと思います。

本領発揮は秋に出るiOS11からでしょう。ポストノートPCとして、はたして私は12インチMacbookを必要としなくなるのか、楽しみです。

ではレビューも終わったのでiOS11 developer releaseを楽しむことにします。^^

スポンサーリンク
AD