α7sのカスタムキーの不満

所持しているSONYのαシリーズがα7sとα6500だけなので、他はわからないのですが、

カスタムキーの扱いがかなり違うので、困っています。

同じ設定にできないので、毎回戸惑うんですよね。

具体的に言えば、α7sのほうが出来ないことが多い気がします。

というわけで比較してみましょう。

メニューの中のカスタムキー設定

まずはα7から

MENUの中の左から2番めの6番目にカスタムキー設定という項目です。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/21 sec, ISO200)

カスタムできるキーはいろいろあります。2画面です。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO500)

割当機能一覧

どれでもいいのですが、カスタムボタン1を選択してみました。この一覧から割り当てられます。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO500)

α6500の場合

さて、次はα6500のカスタムキーです。まず、撮影時と再生時に分かれています。素晴らしい!

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)

撮影のほうを選びました。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)

割当機能一覧

どれでもいいのですが、カスタムボタン1を選択しました。この一覧から割り当てられます。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)

カスタムできる機能の一覧

ややこしいので一覧にしました。こうやってみるとかなり違いますね。

α7s α6500
フォーカススタンダード  なし
画質
画像サイズ
縦横比
ドライブモード
ブラケット時のセルフタイマー なし
設定1設定2の登録 なし
フォーカスモード
フォーカスエリア
フォーカスセット  なし
露出補正
ISO感度
ISO AUTO低速限界  なし
測光モード
フラッシュモード
調光補正
ホワイトバランス
AWB時の優先設定  なし
DRO/オートHDR
クリエイティブスタイル
ピクチャーエフェクト
ピクチャープロファイル
美肌効果
ピーキングレベル
ピーキング色
顔検出/スマイルシャッター
オートフレーミング
カメラ内ガイド
登録  なし
押す間AEL
再押しAEL
押す間スポットAEL
再押しスポットAEL
押す間FELロック
再押しFELロック
押す間FELロック/AEL
再押しFELロック/AEL
押す間AF/MFコントロール
再押しAF/MFコントロール
中央ボタン押しロックオンAF
瞳AF
AFオン
フォーカスホールド
絞りプレビュー
撮影結果プレビュー
ブライトモニタリング  なし
MOVIE(動画)  なし
フレームレート  なし
録音レベル
音声レベル表示
マーカー表示切換
サイレント撮影  なし
手ブレ補正
手ぶれ補正調整  なし
手ぶれ補正焦点距離  なし
FINDER/MONITOR切換  なし
ファインダーフレームレート  なし
ズーム  なし
ピント拡大  なし
モニターミュート  なし
ゼブラ
グリッドライン
ライブビュー表示  なし
スマートフォン転送
ダウンロードアプリ
登録アプリ一覧
モニター明るさ
ガンマ表示アシスト  なし
TC/UB表示切換
未設定

個人的な設定

私が困っているのは、α7sに

サイレント撮影

ライブビュー表示

の2つがカスタムキーに割当できないことです。この2つはα6500の場合は、それぞれC1、C2に割り当てています。

サイレント撮影はなんとなくわかってもらえますよね?

普段は音がしたほうがいいです。気持ちいいし、α6500の音は控えめながらいい音だと思います。それと、ストロボはサイレントでは発光しない(ラジオスレーブでも)なので、その場合も音を出します。

サイレントは静かな環境や、ペットを撮影するときなどに便利です。

この切換はさくっとしたいですよね。

つぎにライブビュー表示ですが、ファインダーの明るさの設定です。

ライブビュー表示がONの場合、現状の露出やISO、シャッター速度などを加味して明るさが表現されます。EVFファインダーで見えている明るさがだいたい実際に記録できる明るさです。

なので普段はONのほうが便利です。

でも、ストロボをマニュアルで使う場合には困ります。ストロボをクリップオンで使うとき以外、TTLを使わない場合など、いまの設定の明るさでファインダーを見た時に、真っ暗な場合がありますから。

ファームウェアのアップデート期待

というわけでα7sのアップデートで設定項目をぜひ増やして欲しいです。

それにしても結構項目違いましたね。よくわからないのもあるし。

一度ちゃんと調べてみたほうが良さそうです。

スポンサーリンク
AD