プラダンで遮光フード(モニターフード)を自作する

写真やってたらモニター大事ですよねー。そりゃそうなんですけど、じゃあどこまでやるんだって話になります。

私は色より大きさを取ったのですが、結果的に色もまずまずで良かったわけですが、問題は・・・

「大きすぎて遮光フードがない」

使っているモニタはこれ

Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11
Philips(フィリップス) (2016-04-15)
売り上げランキング: 1,209

横幅97cmあります。

買ったプラダンは910x910mmの黒のプラダン2枚です。

http://item.rakuten.co.jp/magokorotabaki/jx-ss-867486/

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO500)

そもそもこんな自作をするきっかけになったのがこの記事

http://photo-studio9.com/diy_monitor_hood/

これは自分でもできる!と思ったわけですね。

なにわともあれ切ろう!というわけで30cm幅で切りました。3枚とれて、1cmあまりました。

なんとなく乗せてみる。全然長さが足りない。97-91で6cm足りません。

なので、2枚重ねという手法を考えました。まずは30cmの幅が3つできたうちの1つを半分にします。

その2枚の間にいれる 6cmの部分を別の1枚から切り出します。これをつなげれば天板になるわけです。

ちなみにプラダンを切るときは、最初表面だけ切って、折り曲げてからカッターを間にいれて切ると楽だと思います。

2枚重ねなので、重ねる部分も切り出しました。。これを貼れば、天板の出来上がりです。

木工ボンドで貼ります。両面テープでもいいのですが、ずれたときが大変です。ボンドは乾くのに時間がかかりますが、細かい位置の修正ができますね。

天板完成。乾くまで待ちましょう。

さて、切り出した残りが80cm。これを半分に切って横板にします。

ちなみに切断面。切るときはこの四角形の真ん中あたり(筋と筋の間)がいいと思います。多少の寸法誤差は気にしない!

ぶつかる可能性を下げるために斜めにカットします。寸法は適当

最初に切った1cmのあまりをまた適当に切って横板に貼り付けます。だいたい20cmあたり。これがモニターに当ってストッパーになります。

ボンドのはみ出しは気にしない。透明になるし、内側だし。それよりも平行を出しましょう。

さて、天板と横板をつなぐのはこちら

ハイロジック ステンレス蝶番 25mm 17490 6枚入
ハイロジック
売り上げランキング: 1,655

蝶番です。6個入りだったので3個づつ使います。ネジも入っているのですが、ネジは飛び出しちゃう。なのでホットボンドで固定します。汚くなるけどこれ内側だし気にしない。

ただし、位置合わせには気をつけて。できれば一旦モニターに乗せて、位置合わせをしてから両面テープで固定する。その後にホットボンドがいいと思われます(後で失敗したことが判明する)

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)

天板のほうは2枚重ねなのでネジが使えそうです。ホットボンドでもどっちでもいいかと。

完成です! ここまで約90分。ボンドも結構固定されてるみたい(普通は1日置きましょう)

あまった材料(とまるまる1枚。。。なんに使おう?)

ただ、このままだと端が汚いので、カモ井のマスキングテープで見た目を整えましょう。危ないですし。

カモ井加工紙 マスキングテープ マットブラック MT01P207
カモ井加工紙
売り上げランキング: 365

ではさっそくモニターにON いいですねー

ここで問題発見。右側に隙間が・・・ 蝶番の位置が悪かったようです。

マスキングテープでごまかします。蝶番の位置は丁寧に。ホットボンドのときに両面テープで先に蝶番を固定すべきでした。

と、いうわけで1000円程度で遮光フードが完成です。

結論としてはオススメです。1000円と2時間程度の犠牲ですし、自作も楽しいもんです。

もちろん効果はばっちり。照明や外光から画面を(ある程度)守ってくれます。

蝶番の位置は気をつけましょう、ということと、モニターの通風口を塞がないように気をつけましょう。ちなみにこのモニターは通風口を塞ぐ心配はありません。

あと、少しプラダンの重みで前に倒れがちです。それに2枚重ねとはいえ天板の強度は若干の不安があります。

その際はモニターの後ろにストッパー兼補強材をつけてもいいかもですね。

スポンサーリンク
AD